お医者さんに行く前に・・・

体に不調を感じた時、あなたは即病院行きですか?
ちょっと待って!病院に掛かったり、安易に薬やサプリメントを飲む前に、あなたの症状の原因を、あなた自身で見つけてみませんか?


<< 薬の役割 | main | 心臓の構造と生理 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
予防医学とサプリメントの関係
予防医学の考え方には一次予防、二次予防、三次予防と言う風に三段階に分かれていて、

簡単に言うと、一次予防は病気にならない為の予防、二次予防は病気を早期に発見して

ひどくならない様に進行を抑える予防、三次予防はかかった病気で死に至るような大事

にならないよう処置したり、回復の為のリハビリなどを行う予防です。それぞれ方法も

違いますが、基本的には、二次予防と三次予防は病院での治療を要しますが、一次予防

に関しては、普段の食生活、運動、睡眠、飲酒、喫煙、環境、社会生活でのストレスなど

に気を付ける事が一番の予防だと思われますが、現代社会ではなかなかこれらの生活を正

しく守っていくのは難しいことではあります。そういう時にサプリメントや健康器具など

を利用する事で自分に足りないものを補うのというのは正しい考え方だと思います。

ところが、今の現状は、メデァなどで何かの情報が流れると、皆が右へ倣えとばかりに

一つのものに群がって行っては、熱が冷めると嘘のように引いていってしまうと言う事が

何度も繰り返されています。ここに健康産業の嘘の部分があって、商業ベースによる一つ

の仕掛けがあるのです。一時メデァで健康に言いと紹介された食品類が、品切れで店頭か

ら消えてしまう現象が相次ぎましたが、その食品類も今では当時の騒ぎが嘘のように誰も

騒がなくなりました。勿論、その商品に説明のような効果が無かったとは言いませんが、

実は、私たちは100人いれば100人全てが、体質も器質も性質も一人一人違います。外から

入ってくる情報に対しての体の受信機(レセプター)が全部違うので同じ受け止め方はし

ません。つまり効果があるかどうかはかなり個人差があります。

モニターの体験などで誰にでも効果が現れるように感じられますが、そこには多少の誇張

があります。健康ブームの中で視聴率を考えれば、ある程度のインパクトも無ければなら

ないので、あのような演出も必要なのかもしれません。

多数ある商材の中から自分に向いてそうなものを選ぶ一つの方法としては、まずは自分の

体の不調の原因がどこにあるのかを探る事です。人には健康を維持するための基本的な

働きがあります。自分の症状がその中のどの働きが悪くて起こったのかを把握する事で

す。免疫、自律神経、内分泌(ホルモン・酵素)に血流を加えた機能障害に適応する商材

の中から自分の症状に、必要な商材を選んで使う事で少しでも無駄な費用をかけずに済ま

せる事が出来ます。選ぶに当っては、商材についての理論や人の体験は必要ではあります

がそれ程重要ではありません。自分自身が結果に納得できる商材であれば、それがその人

にとっては一番よい選択と言えます。
| toyoko7592 | 病気 | 17:17 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:17 | - | - | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE