お医者さんに行く前に・・・

体に不調を感じた時、あなたは即病院行きですか?
ちょっと待って!病院に掛かったり、安易に薬やサプリメントを飲む前に、あなたの症状の原因を、あなた自身で見つけてみませんか?


<< 人間の器質を決めるDNA情報 | main | 環境の情報による個性の確立 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
病気の原因
病気の原因については,人は全て違う個性を持っていますので、
厳密に言えば、人の数だけあるといっても過言ではないでしょう。

それを全て解明するのは、到底不可能なわけなのですが、現在世界中
で病名が付いているものだけでも20万種以上あるといわれています。

それ以外の何とか症候群まで加えると、とても数える事は出来ません。
それでも、基本的な考え方をすれば、二つの考え方で済みます。

一つは人間の器質(細胞)の異常を突き止めて改善する。
もう一つは人間の機能(身体の働き)の異常を突き止めて改善する。

1つ目の器質の異常というのは細胞に4つの異常が起きたものです。
1つは細胞の炎症、2つは細胞の変性、3つは細胞の異物(腫瘍)4つは細胞の死。

病気に○○炎という名が付くのが1番目の原因です。
細胞の変性とは、細胞が変化して別の状態になることを言います。

例えば、タンパク質が硬く変質して繊維質に変わったり、突然変異によって
細胞の質が変化する事です。リウマチや膠原病などがそれに類するでしょう。

細胞の異物とは、ガンやウイルスなどの異物が細胞に取り付くことを言います。
ガンの他で言えば、風邪や伝染病などの感染症があります。

細胞の死とは文字通り、血流不足で十分な栄養、酸素が行かなくなった細胞は
死んでしまいます。

循環器の異常で、血流が不全になる動脈硬化や老化現象などがあります。
だからこれらの細胞異常を改善する事で、症状を回復させる方法がありますが、

もう一方では、人間に備わった恒常性維持調節機能というものを
正常にする方法があります。

この恒常性維持調節機能は平たく言えば、自然治癒力のことで
別名ホメオスタシスともいいます。

このホメオスタシスを支える3つの柱があります。

1つは自律神経の働き、2つは内分泌の働き、3つは免疫の働き、
これを健康のトライアングル(3角形)といいます。

人間はこの3つの働きのバランスによって、対外的、体内的な環境変化を
出来るだけ安定させようとしています。

人間の病気の原因は、この3つの働きそれぞれの異常や相互のバランスが
崩れた時に起きます。

そこで、この3つの働きを正常に保つ為の方法を取り入れる事も
症状回復には欠かせません。

良く考えて見ると、主に西洋医学を取り入れた病院などの医療施設では、
1番目の方法をとっている場合が殆どで、2番目の方法はどちらかと言えば、
東洋医学や、補完代替医療の現場で使われているようです。

どちらが、良いとは一概には言えませんが、どちらかと言えば、
予防としての考え方は2番目の方法が一般的です。

1番目の方法は、精密な機器とか科学的な検査などの手を借りなければ
なりませんので、私たち一般の人間は、2番目の方法で、予防、改善を
していくしかありません。

そこで、このホメオスタシスの安定を考える事に重点を置いた、
予防法を考えて行きましょう。

また、もっと詳しい事について知りたい方は、こちらをご覧下さい。

病院に行く前に知っておきたい自分の体の事】

| toyoko7592 | 病気 | 01:08 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:08 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE