お医者さんに行く前に・・・

体に不調を感じた時、あなたは即病院行きですか?
ちょっと待って!病院に掛かったり、安易に薬やサプリメントを飲む前に、あなたの症状の原因を、あなた自身で見つけてみませんか?


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
人間の器質を決めるDNA情報
人間には一人一人個人としての体質や器質があります。

それを一般的に個性といいますが、この個性はどうやって出来上がるのでしょう?

一つの大きな要素としては先天的に備わったDNAや親からの遺伝子の情報があります.
DNAの情報とは何でしょう?

この地球上に最初の生命体が誕生したのが約30〜35億年前だといわれていますが、

その時から今日まで面々と引き継がれた生命の情報の事をDNA情報といいます。

人間の60兆個の細胞一個一個にも、細胞中の核といわれているところに、30億も

の塩基の配列(アデニン・グアニン・チミン・シトシン)が、染色体と呼ばれる

13個の対の26個の中に二重螺旋の紐のような形で収まっていて、その人特有の生命

の情報として存在しています。

人によって体質や器質が違うのも、実はこのDNAの情報が、現在、この地球の人口

がおおよそ60億以上と言われておりますが、それだけの数の中でも、全く同じ情報

というのは存在せず、二人と同じ情報を持つものはいないと言われております。

つまり、人間一人一人が全くの個という事になります。

そしてこのDNAの情報によって細胞の基礎を作ったり、外からの情報に対応したり

するので、例えば健康食品や薬などの成分だけでなく、全ての食品に含まれる成分

も又、治療器や健康器具などの物理的な刺激に対しても、自分自身を自己とするなら、

外から入ってくる自己以外のものは全てを非自己と認識して異物として扱います。

そしてそれを受け入れるか排除するかは、DNAの情報によって作られた細胞の入り口

(細胞膜)にあるレセプター(受容体)によって振り分けられます。

このレセプターには一個一個に鍵穴みたいな機能があって、外から入ってくるタンパ

ク質の情報の鍵と、自分の鍵穴に合うものだけを細胞に取り込みますので、どんなに

優れた成分でも、受け入れる側のレセプターの鍵穴と会わないものは、取り込まずに

排除されます。

これだけでも、何故、人によって成分の効果が違うのがお解かりになるでしょう。

外から入ってくる情報タンパクの事をDシスティンといい、これを自己として同化し

たものをLシスティンといいますがこのDシスティンがLシスティンに変るのを親和性

といいます。

このように、人はみんな体質により受け止め方が違いますから、一つの商材で100%

の効果という事はありえません。

この事は単に薬や健康食品の成分だけの事ではありません。

例えばアレルギーなどの症状でもいえる事です。

人には体質によって受け付けないタンパク質があります。

例えば普通の人には全く異常が出ないのに、特定の人には激しい拒絶反応が出るもの

がありますよね。

分かりやすいのが、食品では、牛乳、卵、青魚、そば、などにアレルギー反応が出る

人がいたり、食べ物以外でも、ダニ、花粉、誇り、などに反応したりしますが、これ

らは全てタンパク質です。

病院で調べるアレルゲン反応も全てタンパク質の種類によって人の反応が違うので、

36種のタンパク質に対し反応するものをアレルゲンとして認定するのです。

そしてそれが例えば牛乳のタンパク質であれば、摂取を避けるように指導しますし、

ダニや花粉であれば、それらに触れないように指導します。

このように普通の食べ物や刺激にも人それぞれ違う反応をするという事は、人の体質

が元々DNAの情報の段階から違うのだという事を認識しなければなりません。

| toyoko7592 | - | 08:50 | - | - | pookmark |
体の構造について
【1】体の構造について

病気の原因を探るには、まずは人の身体の仕組というものを知る事が肝要だと
思います。とは言っても、人間の身体は一つの小宇宙だと言われるほどで、
その仕組は複雑で未知数、まだその全てを解明出来てはいません。

ここでは、私たちのような一般人でも大体の原因を知る事が出来る程度の知識で
構わないと考えて、大まかな身体の機能と器質について解説します。

まず人の身体の成り立ちを,順を追って書いてみます。

※【素粒子エネルギー】→【原子(元素)】→【分子】→【細胞】→【組織】
→ 【臓器・器官】→【系統】→【人体】

上記が基本的な身体の成り立ちまでの流れになります。

これから上記の人体の流れに準じて解説していきます。

まずこの世の全ての物質は原子に始まります。

有機(生体)も無機(物体)も元素の結び付きで出来ていますが、その大元は
というと、普段、皆さんが良く耳にするエネルギーという事になります。

エネルギーというと、直ぐ思いつくのは、熱や光のエネルギーの事ですが、実は、
地球には周波数の異なるたくさんの電磁波(宇宙線)が降り注いでいて、

それに乗っかって来た様々な素粒子エネルギーが、原子を組成して、初めて物が
出来上がっていくのです。

そして私たち人間の身体を作るのは、そのうちの炭素(C)、酸素(O)、水素(H)
窒素(N)が中心になります。

体の実に96%がその4つの元素で出来上がっています。
残りのわずか4%前後が、ミネラルという微量鉱物元素で成り立っています。

その原子の基本的な組み合わせがアミノ酸と核酸なのです。
アミノ酸と核酸の違いは、アミノ酸がきちんと分子としての結合配列があるのに
対して、核酸は最初の形は、4つの元素の塊として出来ています。

この成分をヌクレオチドと言います。
この塊が糖やリン酸となってDNAやRNAなどが出来上がります。

片や、アミノ酸には最初の形があって、水素を中心にカルボキシル基という酸性
の物質と塩基というアルカリ性の物質がくっついた物をアミノ酸残基と呼び、そこ
にいろんな微量元素が加わって、いろんなアミノ酸の形が出来上がっていきます。

その中で人間の体に含まれるアミノ酸としては20〜22種類ありますが、そのうちの
数種類は、自分の体だけでは合成できないので、成分として他の生物から摂取しな
ければなりません。これを必須アミノ酸と言います。

8種類と言う説が多いようですが、最近では9種類と言う説もあります。
ここからが分子の世界になります。

アミノ酸は、種類によって基本の分子の形を持ったものが、鎖のように結合して行
きます。この結合をペプチドといいます。

結合方法も4通りほどありますが、人間のアミノ酸結合は、殆んどがイオン結合、
水素結合、S・S(イオウ)結合の3通りです。

ここでは、そのメカニズムは省略します。
とにかく横一線につなぎあう事をアミノ酸の一次構造といいます。

特にその数が100以下のものをオリゴと言います。(オリゴ糖とか聞いた事があり
ますよね?)

次に縦につながる事を2次構造と言い、更にそれが立体化する事を3次構造と言い、
ここで初めてタンパク質と言う立体の物質が出来ます。アミノ酸には大きく分けて

水に溶けやすい親水性と水に溶けにくい疎水性があります。当然水に溶けやすい
アミノ酸は血液や体液などになって行き、水に溶けにくいアミノ酸は骨や皮膚など
の体細胞となって行きます。

様々なアミノ酸が複雑に結合する事により、膨大なタンパク質の質量になっていく
のですが、そこから、脂質や糖質、酵素、ホルモン、ビタミン等も出来上がっていき、
人間に必要な、器質や機能が模られるのです。

細胞も様々なタンパク質によって形成されますが、細胞の中にDNA,RNAという遺伝子
の情報があって、細胞自身の役割、器質を決定しますので、それぞれの目的、役割に
応じて同じ情報の細胞は組織として集合します。

例えば、心臓を作る細胞は心臓を作る為に組織を作りますし、骨を作る細胞は骨の
組織を作る為に集まります。

こうやって、同じ器質、機能を持った細胞が、組織を作り、やがて一つの系統を作
り上げていきます。

循環器系、消化器系、呼吸器系、外皮系(上皮系)、骨格系、筋肉系、神経系、
内分泌系、免疫系、生殖器系、泌尿器系等が集まり一人の人間が出来上がるのですが、
一人の人間を作っている細胞の数は成人でおよそ60兆個と言われています。

これがエネルギーから始まる形としての人間の造りです。
しかし、これはあくまでも、身体の構造としての考え方にしか過ぎません。

人間には、身体とともに心と言うものがあります。
そして人間の病と言うものは、体の異常よりもこの心の異常のほうがはるかに重大
であります。

体の異常に対しては、これだけ医学が進歩してくると、一部の重大な症状を除けば
殆んど解決出来るようになって来ました。

ところが、心の病に関しては、社会がどんどん複雑になってくるとともに、昔では
考えられないような症状も含めると、益々増加の一途をたどっているようです。
| toyoko7592 | 病気 | 17:49 | - | - | pookmark |
症状で病気を早く見つけよう! ガンの症状
症状で病気を早く見つけよう!

あなたがもし独りでいるとき、身体に異変が起きたとしたら、どうします?
細かい症状を見落とした為に、取り返しのつかないことになるかもしれません。

あなた自身、身体の様々な異変で自分の症状をいち早く知る事は重大な状況に
なるのを防ぐ事になります。身体の異変で予想が出来る病気を知りましょう。

1.胃がん
・胃に鈍い痛みを感じるようになった。
・胸焼け、胃もたれが頻繁に起る。
・胃が重苦しい、膨満感がある。
・食欲不振、食べ物の好みが極端に変わる。
・異臭を放つゲップや嘔吐、吐き気がある。
・下痢と便秘を繰り返す。

2.食道がん
・食べ物を飲み込むとき違和感を感じ、飲み込めなかったり、吐いたりする。
・胸の上部に痛み、不快感、異物感がある。

3.大腸がん
・お腹が張る。
・お腹に痛みや不快感がある。
・下痢と便秘を繰り返す。
・下血や、血便、粘液便がある。
・便が黒く細くなる。
・貧血がある。

4.肝臓がん
・右上腹部からみぞおちにかけて不快感、圧迫感、膨張感や痛みがある。
・全身がだるい。
・食欲不振や急激な体重減少。
・発熱や黄疸症状がある。
・右上腹部にしこりがある。

5.胆道がん
・上腹部の鈍痛、膨張感が続く。
・黄疸症状。
・発熱、体重減少。

6.膵臓がん
・上腹部に膨満感や痛みがある。
・腰痛、背通がある。
・食欲減退と体重減少。
・黄疸症状。
・上腹部にしこりがある。

7.肺がん
・咳、たん、血たんが頻繁に出る。
・胸痛や背痛がある。
・息切れ、呼吸困難がある。
・発熱。
・食欲不振と体重減少。
・声がかすれる。

8.咽頭がん
・のどに何かが引っかかったような感がある。
・食べ物が飲み込みにくい。
・声がかすれたりかれたりする。
・咳やたんが出る。
・首のリンパが腫れる。

9.舌がん
・舌に固いしこりが出来る。
・舌が痛む。
・潰瘍や白斑が出来て、中々治らない。
・頸部に違和感がある。

9.皮膚がん
・短期間に茶褐色のしみやほくろが大きくなる。
・急にいぼやほくろが出来る。
・治りにくい湿疹や潰瘍が出来る。
・出来物の固さが不均一だったり、根元にしこりがある。

10.乳がん
・傷みを歯感じないが乳房にしこりがある。
・乳頭から潜血の分泌物が出る。
・乳房の皮膚がくぼんだり、ひきつれる。
・乳首やその周りがただれる。

11.子宮がん
・不正出血や性交時出血、閉経後の出血などがある。
・月経周期の乱れがある。
・おりものに異臭や色の異常がある。
・下腹部や腰、下肢に痛みがある。

12.脳腫瘍
・初期的症状では、頭痛、目眩、吐き気、突発性嘔吐など。
・痙攣や、麻痺、運動障害。
・聴力障害、視力障害、言語障害。
・情緒不安定などの神経障害。
・ホルモン異常。

13.膀胱がん
・頻尿になる。
・排尿時、痛みがある。
・血尿が出る。

14.前立腺がん
・尿が出にくい。
・頻尿になる。
・血尿が出る。
・腰痛がある。

15.白血病
・全身がだるく、微熱が続く。
・風邪に似た症状が出る。
・出血しやすくなる。
・内出血や、鼻血、歯茎出血、血尿、下血などがある。
・リンパ節や肝臓、脾臓が腫れる。

16.骨肉腫
・腫瘍部分が腫れて痛む。
・患部を圧迫すると非常に痛む。

以上が主ながんの身体の異常ですが、中には最初は軽い症状に思えるのも
ありますので、よく注意して、観察しましょう。










| toyoko7592 | 病気 | 08:09 | - | - | pookmark |
腸内細菌
植物にたとえると、根の部分にあたる働きをするのが腸です。

腸の働きが悪いということは、体のすべてに影響することになります。

腸には大きく分けて8つの役割があります。

消化、吸収、合成、代謝、解毒、造血、排泄、免疫というものです

そして、その全ての働きに対して、腸内細菌が大きく関わっています。

私たちのお腹の中には、100兆個、300〜400種類の腸内細菌が
生息しているのです。

私たちの消化管の面積は、テニスコート1面ほどの広さになります。

そこには、腸内細菌と呼ばれる微生物が群れを成して住んでいて、

これを腸内フローラと言いますが、実は私たちが口から取り入れる栄養の

約半分はこの腸内細菌のえさとなっているのです。

そしてよく、健康のバロメータを便の様子で知る事が出来ると言いますが、

排泄された便の内容物の約半分から三分の一が実は腸内細菌の残骸なのです。

私たちが、健康や美容のためにいろんな食物やサプリメントを摂取しても、

腸内細菌によって発酵や腐敗が行われていて、腸内細菌の種類によっては

生理活性物質にもなり、又有害物質にもなってしまうのです。

だからこの腸内フローラの善玉菌と悪玉菌のバランスがとても大事です。

常に善玉菌優勢の状態にしておく為には、乳酸菌やビフィズス菌を増やす
事が重要です。

腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整える事があなたの健康を支える為の
一番の近道と言えましょう。

| toyoko7592 | 病気 | 17:15 | - | - | pookmark |
糖尿病の基本治療
糖尿病の基本治療として、運動療法と食事療法があります。

どちらともなかなか持続しての実行が難しいようです。

糖尿病学の進歩に伴い、食事療法に対する考え方も変わってきました。

昔は尿糖の出易い糖質を含む食物を極端に制限したり、全く糖質を含ま

ない食事が行われてきましたが、インスリンというホルモンが発見されて

以来、このような偏った食事療法は姿を消し、糖尿病そのものに対する

理解も正しい方向へ進み、それに伴い食事療法も尿糖を減らせばよい

という見解からインスリン作用不足の解消と血管合併症を防ぐ食事療法

へと改善されています。現在、すすめられている糖尿病食は、主食として

の穀類、副食としての肉、魚、大豆製品、野菜、きのこ、海藻、食間には

牛乳と果物などと、バラエティに富んだ食事内容になっています。

又、糖尿病の食生活は間違った知識が数多く見られます。ウイスキーは

良い、砂糖はダメなので人口甘味料を使う。蜂密は良い、ピーナツには

糖分がないので良い、等など正しい糖尿病食は特別な病人食ではありま

せん。糖尿病食の基本は「腹七,八分目」でバランスよく、何でも食べられ

るという健康食、保険食であるという事を認識してください。

| toyoko7592 | 病気 | 19:39 | - | - | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE